事務所可

部屋の造りとしては一般の住宅と大きく異なるところはありませんが、例えば小さな打ち合わせルームが付いている、ベッドルームやキッチンが独立しているので生活空間を見られることなく来客に対応できる、迷わず訪問ができるように建物自体がわかりやすい造りになっているなど、一般の住宅に比べて少し事業を考慮した建物になっています。

新会社法が施行されてから株式会社の資本金が1円でも可能となりましたので、まとまったお金は用意できないが起業したいという人がこういった自宅兼事務所を使って起業するケースが増えているようです。

関連記事

大阪で一人暮らしをするための賃貸さがし

ペットも飼える賃貸

ピアノなどの楽器も演奏できる賃貸

高齢者も安心バリアフリーの賃貸

共同生活もできる賃貸


ページのトップへ戻る