賃貸

転居など移動が多い仕事をしている人や、新生活の始まりで新居を探している人には賃貸がいいだろう。手軽に住むことができて、移動も簡単だ。

初めて大阪で一人暮らしをするといった際には、何も情報が無い状態で賃貸契約をするのではなくて、部屋探しの第一段階に大切な条件というものがあります。

まずは自分が住みたいと思うような部屋の条件を大体でも良いので考えておくことが大切なのです。

何も決めずに不動産会社に行ったのでは、時間や手間などが結構かかってしまいますので自分なりの条件をまとめてから不動産会社に出向いてその条件に合うような物件を賃貸契約すると良いでしょう。

不動産会社で条件を色々と向こうから聞いてくれますが、そこで一から考え始めるととても大変です。

手が加えられる賃貸物件

賃貸物件においては、原状回復が義務付けられていますが、なかにはリフォームで手を加えることが認められている賃貸物件もあります。こういった物件に関しては、アメリカに多くありますが、こうした傾向を受けて、日本においても新たな取り組みを実施していることがあげられます。

リフォームをすることで、より良い状態にできれば、その物件においては価値が上がるようなケースも見込めることでしょう。こうしたことを禁止されている物件が大部分となりますので、クリエイティブな人には、向いている物件であることがあげられるでしょう。

賃貸マンションとアパートの違い

賃貸物件を探すときに、アパートとマンションとありますが、その違いがあいまいだと感じる方もいるでしょう。

立地や築年数や広さが同じくらいのものを比較すると、アパートの方が賃料は安く、マンションの方が高くなります。こうあるべきだという明確な決まりはないのですが、賃料の差は構造の違いからくるのです。

アパートは木造や軽量鉄骨で組み立て、マンションは鉄筋コンクリートや重量鉄骨を使っています。それにより、一般的にアパートは2階もしくは3階建てに対し、マンションは高層建築も可能になります。また遮音性にも違いが出るので、マンションの方が防音に優れていると言えます。

UR賃貸住宅のコラボ物件

UR住宅は、旧公団住宅でいわゆる団地と言われた独立行政法人都市再生機構が管理する物件です。いわゆる国が大家となっているという仕組みです。こちらの賃貸物件のメリットは、礼金、仲介手数料、更新手数料、保証人が必要ないので、初期費用を抑えることができ、借りやすくなっています。

入居に当たっては、お目当ての物件があれば、抽選ではなく先着順で借りることができます。近年ではコラボ物件も出てきています。例えば、IKEAや無印良品、東急ハンズなどとコラボしたリノベーション物件も人気があり、それぞれの持ち味を生かしたスタイリッシュな空間が演出されています。

賃貸についての情報


ページのトップへ戻る