賃貸の掟

賃貸住宅とアパート

賃貸住宅に今まで聞きなれないものがありました。それは文化住宅と呼ばれるものです。今までの私は賃貸住宅はアパートとマンション、借家などといったものしか聞いたことがなかったのでちょっと驚きました。

日本は広いといえどもあるていど文化は均一化したとはいえまだまだ聞きなれないものも多いみたいです。

詳しい人にお話を聞く機会があったので聞いたところ、2階建ての長屋などを総じて文化住宅と呼んでいるそうです。長屋なのでいわずもがな賃貸住宅で、木造でできている歴史あるものがおおいそうです。

納得のいく賃貸物件を探す方法

賃貸物件を探す際、様々な不動産会社の検索システムを利用すると思います。ただ、検索条件を高く設定するあまり、管理費等を含めた家賃が高くなり、当初計画していた予算をオーバーすることがあります。このとき、検索条件を低くする必要がありますが、どの条件を下げればいいのか分からないのが本音だと思います。

そこで検索条件を低くする場所は、若年者の場合は、「駅から徒歩何分圏内」を除外することをおすすめします。一方、高齢者の場合は、「主要駅(例:横浜駅)から4,5駅離れた駅」で検索することをおすすめします。条件を下げても無理な場合、最後の手段として「築何年以内」を除外することを推奨します。

一人暮らし用の賃貸に二人で暮らしたら…

最近では一人暮らしようのアパートなども増えてきており、家族向けのタイプよりも部屋数が少なかったり、スペースが狭かったりするのですがその分価格もリーズナブルになっているという賃貸があります。

家族3,4人で住むには少し狭いが、2人なら生活するのに困らなそうというアパートもあり、彼氏か彼女がそこに住んでおり、そのままなんとなく一緒に暮らしているというカップルも少なくありません。しかし実はこれはよくないことなのです。

特に最初から「ここは一人用のアパートです」とうたっているような賃貸の場合には退去を命じられてしまうかもしれません。

賃貸物件は住処を変えやすい

賃貸物件は、分譲物件に比べ引っ越しなどをしやすいです。分譲物件の場合は、土地も自分の物になりますので、固定資産税など様々な税金を取られますし、手放すにしても登記登録などの難しい手続きをたくさん行わなくてはいけません。

しかし賃貸物件の場合は、他人が所有している物件に賃料を払い住んでいるので、貸主側との契約を済ませるだけで、引っ越しをすることができます。そのため、生活環境に合わせて住処を変えることが容易にできます。

物件数もとても多いので、常に理想の家に住み続けることができます。分譲物件よりも人気があります。

賃貸についての情報


ページのトップへ戻る