オリジナルのTシャツ作成を行う

インターネットが普及するようになって、個人で制作したものを販売できるツールができたことで、オリジナルのものを制作する人が増えています。オリジナルのアイテムの一つとしてあげられるのがTシャツです。

Tシャツ作成と聞くとデザインや、サイズ感などの部分に注目がいきやすいですが、同じくらい製法なども重要になります。製法については糸から生地を作成する「織布」や、Tシャツのサイズ感が決まる「裁断」、布を縫う「縫製」があります。非常に専門的な部分になりますが、このあたりをしっかりとこだわることで、着心地の良いTシャツ作成をすることができます。

ステンシルで簡単にTシャツ作成ができる

自作のステンシルでオリジナルのTシャツ作成することもできちゃいます。簡単に布や壁にデザインを描けるステンシルを自分で作って、色んなものにプリントする楽しみと、それをグッズにして販売するなど趣味を見つけませんか。

今やとても安く買えたり、作成できたりと便利になっていますが、自分で作るからこそ愛着のあるものになると思います。無地や地味なデザインのTシャツや鞄などにワンポイント入れるステンシルは、プラスチックや紙を切り取ったり、マスキングテープで形取ったりして、好きな色の絵具やスプレーでプリントすることができます。

ストレス発散に!Tシャツ作成

働いていれば誰でもストレスを抱えていますし、誰かに話をして解消してもいいですが、一人きりでいたいという時もありますよね。しかし一人でただ、ぼーっとしていてもストレス解消をするというのは難しいです。そういった人におすすめなのがTシャツ作成です。

なぜTシャツ作成がストレス発散になるのかというと、思いっきり行動することができるからです。例えば、着古したTシャツを使用するのです。一部柄が好きでもったいないというTシャツの場合には、そこだけを切り取ったりして、張り付ければリメイクできます。このリメイクに使用する部分以外は好きなように切ってしまって構いません。

オリジナルキャラのTシャツ作成

自分で書いたマンガやイラストを、ネットを通して公開されている方は多いのではないでしょうか。それなりに人気が出た時、オリジナルキャラのTシャツを作成して、欲しい方にプレゼントしたり、販売したりといったことに興味を持たれる方もいらっしゃるでしょう。

Tシャツ作成は大抵の場合業者に依頼することとなり、ネットを経由するだけで作成することが可能となります。枚数についても数枚から受け付けてくれるところもあり、用途に応じて業者を選ぶことで、簡単に希望や要望にそったオリジナルキャラのTシャツを製作することができます。

Tシャツ作成において気を付けなければいけない事

Tシャツ作成においてしっかりと注意しないといけないのが、著作権のあるモノのプリントです。アニメやゲームのキャラクターや商標登録のあるロゴは、商用目的でなく私的利用であっても無断で使用することができません。

写真をそのままプリントアウトできるものも最近では流行っていますが、タレントや歌手の顔写真や名前、曲名なども許可が必要になってくるので安易に印刷してはいけません。また、パロディなどの少し変えたデザインであっても、著作権の侵害に関するトラブルに巻き込まれる可能性が十分にあるので、許可を取るか、完全オリジナルのデザインを使用しましょう。


ページのトップへ戻る