賃貸の掟TOP 賃貸 共同生活もできる賃貸

共同生活可

家族や親族を除き、基本的には複数の人で賃貸マンションの契約をするというのは断られる場合が多いです。

契約書に複数の名前が載ることで手続きが煩雑になるのはもちろんですが、例えば家賃を折半などという約束で同居されていた場合、片方の人が払えなくなった場合に家賃の滞納となる可能性が高いからです。

最近は「ルームシェア」という言葉も一般的に認知されるようになり、その言葉の通り「部屋を分ける」ことにメリットを感じる人が増えてきていますが、やはりそういったことを許可している賃貸マンションでないと、契約とはうらはらに複数人で同居していた場合、大家さんや管理会社から一方的に退去を言い渡されることもあります。

そんな一方的なことは通じないと思う人もいるかもしれませんが、契約書の内容によってはその住んでいる人のほうが契約違反ですので、そういった処置をとられた場合に何も言い返せないという状況になりかねません。

ストーブとカーテン

寒い季節になると、エアコンの他にもストーブを利用する人も多いみたいですね。ストーブは足元を冷えから守ってくれる事もあり、温かく過ごす事ができます。

しかし、使い方を誤ってしまうと非常に危険ですので注意したいですね。ストーブを使う時には、カーテンから離れた場所に設置する様にしましょう。ストーブとカーテンの位置がかなり近い場合には非常に危険です。

窓を開けていると風でなびいてしまう事もありますので、かなり距離を置いておく事をおすすめします。

また、不安定な場所に設置すると倒れてしまい危ないので、まっすぐの平な場所に設置する様にしましょう。基本的な事を守ると安全に使えるでしょう。

関連記事

大阪で一人暮らしをするための賃貸さがし

事務所にも使える賃貸

ペットも飼える賃貸

ピアノなどの楽器も演奏できる賃貸

高齢者も安心バリアフリーの賃貸

メニュー

賃貸の掟HOME 賃貸 賃貸大阪 賃貸マンション 大阪の賃貸事務所 賃貸事務所 レンタルオフィス レンタルオフィス大阪 東京のレンタルオフィス Tシャツ作成



ページのトップへ戻る