賃貸の掟TOP レンタルオフィス レンタルオフィス大阪 東京のレンタルオフィス

東京のレンタルオフィス

弟が人材派遣の会社を経営していましたが、亡くなり出資していた私が経営を引き継ぐことになりました。

府中に事務所を持ち、電機メーカーの開発部門に人材派遣してましたが、企業との契約形態が変わり長期の場合派遣先で採用されるようになり、社員の募集を常に行う必要が出てきました。

府中ではなかなか人が面接に来てくれないのと、得意先を増やすのに東京都心に賃貸事務所が欲しいと思いました。

得意先の本社のある浜松町の近くで賃貸事務所を探しましたが、坪数が大きいのと家賃、敷金が高く府中の事務所を移転しても払いきれません。

レンタルオフィスを探すと月5万円前後であり、サービスで会議室、応接が使えるので新築の大門のビルと契約しました。

レンタルオフィスを利用して気分転換

自宅で仕事をしているという人は、移動する必要がないという点においては便利ですが、気分転換をするのが難しく感じる事もあります。レンタルオフィスを利用すると、生活とは異なる場所で仕事をする事ができますので、しっかりと気分転換を行う事ができるでしょう。

レンタルオフィスでオンをオフの区別を行うと、メリハリのある生活ができる様になります。レンタルオフィスは試験的に利用する事もできます。レンタルオフィスの利用に満足する事ができれば、使い続ける事もできるでしょう。

レンタルオフィスは、自分一人ではなく、周囲に仕事をしている人がたくさんいますので、モチベーションを保ちやすくなります。

契約を延長したいレンタルオフィス

すでにレンタルオフィスは利用しているが、更に長くレンタルオフィスを利用したいという場合には、契約の延長が必要になります。レンタルオフィスを退去するよりもかなり前のタイミングで、契約を延長する旨を伝えておかないといけない事もあります。

レンタルオフィスを使い続けるかどうか迷っているという人もいると思われますが、その場合には考える時間も必要です。そろそろレンタルオフィスの契約が切れそうだという時には、できるだけ早く契約を延長するかどうか検討する様にしましょう。また、延長する可能性があるという人であれば、できるだけ長く使えそうな物件を選んでおくというのも一つの方法です。

設備が整っているレンタルオフィス

新しく事務所を利用すると、自分で買い集めないといけない物がたくさん出てくる事もあります。しかし、レンタルオフィスであれば、すでに設備が整えられている事も多いので、多くの備品を自分で準備する事なく、仕事が始められる事もあります。

この様にレンタルオフィスを利用すると、手軽なのが何よりいい点です。また、レンタルオフィスでは家具を用意する必要がないばかりか、不要になった際に処分をする必要もありません。

設備というのはレンタルオフィスによって違います。基本的なコピー機やFAXなどであれば、どこのレンタルオフィスでも設置されている事が多いですが、利用頻度が低い物は確認しましょう。

レンタルオフィスや賃貸事務所についての情報

メニュー

賃貸の掟HOME 賃貸 賃貸大阪 賃貸マンション 大阪の賃貸事務所 賃貸事務所 レンタルオフィス レンタルオフィス大阪 東京のレンタルオフィス Tシャツ作成



ページのトップへ戻る