ピアノ可

「ピアノが弾きたい」「子供にピアノの練習をさせたい」などの理由でピアノを自宅に設置される場合があるかと思いますが、ピアノの音は予想以上に大きく、隣近所の人にとっては迷惑以外のなにものでもありません。

もしそういった希望があるのであれば、必ず「ピアノ可」と明記された賃貸物件に住むようにしましょう。

最近では騒音を理由とした近隣トラブルも多く起きています。
上下階の部屋では足音や音楽の重低音、左右の部屋では話声やテレビの音まで騒音としてクレームをつけられてしまう場合があります。

最終的には近所付き合いという言葉になってしまうのかもしれませんが、そういったトラブルにならない人間関係を築いておくのはもちろんのこと、自分としてもできる限り迷惑をかけないようにという気持ちで、例えばピアノを弾くのであれば防音室の備え付けられている賃貸物件に住むなどの配慮が必要です。

部屋の窓にカーテンがあるのと、ないのとではかなり違ってきます。家の外を人が歩いていたりすると、家の中の状態がはっきりと分かってしまうという事がまず考えられます。

また、外部の空気を中に伝えやすいので、暑かったり、寒かったりする事もあるでしょう。窓ガラスが何らかの理由で割れてしまった時には、破片が部屋の中に飛び散ってしまうのを防ぐ役割もしてくれるでしょう。

日光が部屋の中に長時間差し込む事によって、紫外線が届く事によって日焼けしたり、家具などの色が褪せてしまう事もあります。これらの事を考慮すると、カーテンというのは、生活にないといけない物だと言えるでしょう。

関連記事

大阪で一人暮らしをするための賃貸さがし

事務所にも使える賃貸

ペットも飼える賃貸

高齢者も安心バリアフリーの賃貸

共同生活もできる賃貸


ページのトップへ戻る