賃貸の掟

バリアフリー

他のコンテンツとは少し違うのですが、足の不自由な方をより「住みやすくする」、そういった方を考慮した「構造」ということで、当サイトに掲載させていただきました。

バリアフリーとはできるだけ家の中、建物に段差がないようにすることであり、車椅子を利用されている方でもストレスを感じることなく移動ができる構造のことを言います。

一般的なマンションは玄関に段差が設けられていますが、そういったものを徹底的に減らし、できるだけ全てが平面的になるように考えられています。

どうしても行動範囲が制限されてしまう足の不自由な人にとっては、こういった配慮ある構造は非常に嬉しいものだと思います。

関連記事

大阪で一人暮らしをするための賃貸さがし

事務所にも使える賃貸

ペットも飼える賃貸

ピアノなどの楽器も演奏できる賃貸

共同生活もできる賃貸


ページのトップへ戻る