賃貸の掟

賃貸による不動産所得が赤字の時

賃貸経営をしていて不動産所得が発生すれば確定申告をして納税しなければなりません。

では、赤字になった場合にはどうすれば良いのでしょうか。

不動産所得が赤字になったときには、やはり確定申告をするべきでしょう。

確定申告をすることによって、他の所得と損益通算できる場合があります。

特に、給与所得者の場合には、給与所得から賃貸での赤字を控除することができますから、

節税効果が期待できます。税金を安くすることができるというメリットがあるのですが、
この制度を利用するためには確定四国を必ず行わなければならないのです。

賃貸についての情報


ページのトップへ戻る